本文へスキップ

国産雑穀の通販サイト こくまん

TEL(平日10:00〜18:00受付)048-471-1870

〒353-0002 埼玉県志木市中宗岡5-17-6

スポンサード リンク


岩手県産「黒米」(3分づき)

黒米(古代米)

黒米の炊飯

お米カップ2に対して大さじ1杯(約15g,5%)
黒米(古代米)


炊飯しやすく、3分づき精米した「黒米」

品種:朝紫
「黒米」は、玄米の色が黒色で果皮・種皮の部分に紫黒色系色素(アントシアン系)を含んだコメです。3〜5分づきにすると米が紫色になるため、紫米とか紫黒米ともいわれます。 ヌカを全て取り除くと白米に近い色になります。 米粒の形は、ジャポニカ種(短粒)とインディカ種(長粒)がありほとんどがモチ系品種です。黒米は、おはぎの起源で古くから祝いの米として珍重されてきたという説もあります。栄養成分は白米と比べ、タンパク質、ビタミンB1、B2、ナイアシン、ビタミンE、鉄、カルシウム、マグネシウムなどが豊富に含まれています。不老長寿の米として、中国歴代の皇帝に献上されたことから献珍米として喜ばれました。当店の「黒米」は、食べやすいように「3分づき精米」してあります。


雑穀の定義、漢方での評価

「黒米」の炊き方(弊社推奨割合)

お米カップ2に対して大さじ1杯(約15g,5%)程度を、洗って水加減したお米に加えて炊いてください。水加減は普段通りかやや多めにして召し上がってください。5%が炊きあがりの色合いも良く、モチモチ感を味わえ、おいしく頂けます。当店では黒米5%を推奨します!

古代米

古代米

イネの原種である野生稲の特徴を受け継いでいる米のことです。野生種に近い古代米は病害虫に強く、人為的な世話を必要としません。生命力の強い古代米とって、農薬や肥料は不要なのです。

古代米の特徴

主に赤米、黒米、緑米などがある。生命力が強く、水も乏しいような痩せた土地でも丈夫に育ち、農薬や肥料は不要である。 背丈の長い稲が多く、1.5m以上を超えるものもある。 品種改良された現代米と比べ、収穫量は半分以下と少ない。


赤米(古代米) 黒米(古代米)

緑米(古代米) そばの実

白もち麦(キラリモチ) 紫もち麦(ダイシモチ)

丸麦 押麦

米粒麦 はと麦

餅あわ 餅きび

高きび ひえ

アマランサス 金ごま

黒ごま





スポンサード リンク





人気雑穀ランキング

  1. 丸麦人気No.1
  2. 高きび
  3. 国産五穀  
  4. 白もち麦
  5. キヌア

スポンサード リンク


割引サービス

こくまんツイッター

こくまんインスタグラム

ふるさと納税

ショップ情報

有限会社 穀万

〒353-0002
埼玉県志木市中宗岡5-17-6
TEL:048-471-1870
電話受付時間: 10:00-18:00
TEL:048-471-1870
E-mail:
こくまんメールアドレス
定休日:日曜・祝日
実店舗営業時間:
9:00~18:30

→ショップ案内