本文へスキップ

国産雑穀の通販サイト こくまん

TEL(平日10:00〜18:00受付)048-471-1870

〒353-0002 埼玉県志木市中宗岡5-17-6

スポンサード リンク


福島「EM農法コシヒカリ」(農薬6割減・化学肥料9割減)

EM自然農法コシヒカリ



太陽と水と大地の恵み
周囲を山に囲まれた会津盆地は、寒暖の差が大きく、空気は清涼で、山からは豊かな水流が流れ込みます。環境に配慮しながら、しっかりと管理された田んぼでは豊かな生態系を見ることができます。農家が大事に育て、収穫後も丁寧に乾燥調整したお米は、噛みしめれば口の中に甘みと旨みが広がります。

「EM自然農法米」とは
「EM自然農法米」の“EM”とは、Effective Microorganisms(有機微生物郡)の略です。 「EM菌」を利用すると 土の中の生き物(ミミズ等)が元気になり、土が柔らかくなります。土が柔らかくなると、肥料が通常の3割で済み、害虫が食べに来なくなり、農薬が不要になります。 農薬が不要になると、EM農法の効果で下草(雑草)が生えにくくなり、耕作の工夫で除草剤が不要になります。※稲穂にしっかりと栄養がいき、元気で美味しいお米ができます。こうして作られたお米も元気で、アトピーや他のアレルギー体質などを身体の中から改善していきます。(EMのもつ抗酸化力によるもの)EM自然農法米は、一般の無農薬米と違い、お米のもつ抗酸化力が身体を元気にしてくれます。 以上のことから、JA会津いいで慶徳有機栽培研究会では、「稲わら、もみ殻、米糠」を原料としてEM菌で発酵肥料を秋につくり、4月上旬に10a当たり 3,000s施用します。 また、土壌改良資材として貝化石 300s、活性炭 75sを施用し、最小限度の化学肥料で栽培をしています。
喜多方市慶徳町生産者

「慶徳」と平成元年からのお付き合い

平成元年から喜多方市慶徳農業協同組合(現在:JA会津よつば)とのお付き合いが始まりました。東に磐梯山、西に万年雪をいただく飯豊山の中央に彼らが自慢の会津盆地、整然と整理された緑豊かな田園風景、 秋はどこまでも透き通った青い空、深緑そして黄金色に染まった稲穂の波、生きている喜び、幸せを感じる「慶徳のおこめ」。
写真は、2011年7月27日に「慶徳有機米研究会」の皆さんが、日帰りの弾丸ツアーで弊社を見学して行かれたものです。

お米の雑学


購入量、賞味期間、保管場所、炊飯後の保存

ごはんの教え10箇条

お茶碗一杯の栄養

朝ごはんの大切さ

よく噛んで食べることのメリット

お米の話し

お米の単位

1月17日は「おむすびの日」

6月16日は「麦とろの日」

玄米食のメリット、デメリット





スポンサード リンク





人気雑穀ランキング

  1. 丸麦人気No.1
  2. 高きび
  3. 国産五穀  
  4. 白もち麦
  5. キヌア

スポンサード リンク


割引サービス

こくまんツイッター

こくまんインスタグラム

ふるさと納税

ショップ情報

有限会社 穀万

〒353-0002
埼玉県志木市中宗岡5-17-6
TEL:048-471-1870
電話受付時間: 10:00-18:00
TEL:048-471-1870
E-mail:
こくまんメールアドレス
定休日:日曜・祝日
実店舗営業時間:
9:00~18:30

→ショップ案内